シルキーの魅力

切り口の綺麗さ デザイン グリーンチェンソー

シルキーは、切り口の綺麗さを求めました。

*

シルキーは、切り口の綺麗さを求め、シルキーならではの「アサリなし」という技術に粋を結集しました。
鏡面研磨仕上げ(アサリなし刃)は、刃先がひらきにくく、強いです。鏡面研磨仕上げ(アサリなし刃)の採用により、今までにない切り口の美しさと、黒檀や紫檀のような堅い木に負けない強靭な刃先を実現しました。

アサリなし

*

アサリを分ける代わりに鋸刃を曲面研磨して、鋸自体の厚みでアサリを作り出してあります。

アサリがないとなぜ良いの?

アサリ分けがない刃は切り口に引っかき傷を付けませんのでなめらかな切り口になり、雨水などが浸透しても乾燥しやすく、また、腐りにくく、良い剪定鋸の条件にもなります。

*

未来目

アサリ分けなしタイプを採用した当社オリジナルの未来目という特殊目立てを施してある為、縦・横・斜め方向への切断がスムーズに行えるので、繊維の交わった枝の根元や一般木材、集成材、合板などが楽に切断できます。

*
未来目と普通目の比較(アサリのない刃)
*